これは何?

造型工房SIGMAに着ぐるみマスクを注文する時の手引書です。「よくわからない」という人が多いので、私の経験や有識者の方から聞いた話などを総合しながら記載します。全体的に私の主観が入っているので参考ぐらいになれば幸い。

※日本国内向けの方を対象とした情報です。

もくじ

セミオーダー(ゆるあみ・エナシリーズ・etc...)の場合

フルオーダー・商用(資料を提出して造型をお願いする場合)

最後に、とても大切な事。

セミオーダー(ゆるあみ・エナシリーズ・etc...)の場合

事前に準備するもの

キャラクターマスクの代金:10~15万円程度

実はゆるふわちゃん1号機。

エナシリーズなら95,000円+消費税、ゆるあみシリーズなら130,000円+消費税。(2024年4月現在) 髪の長さ変更やリボンなどのオプション購入で追加費用が発生します。

実は全額前払いではなく、注文時に前払金(着手金)をある程度、残りは2か月後の完成時に支払いというシステム。とはいえ注文する段階で全額準備しておくのが精神衛生上よいでしょう。

・完成時に「実はお金の準備が出来ていません」というのはほんとダメ。キャンセル(着手金の返金は当然無し)になったり今後のメンテナンスも含むお取引辞退もあり得るので余裕をもって準備しておこう。

・というか人としてどうかと思いますよ私は。

肌タイ(肌色の全身タイツ):1~5万円程度

キャラクターの肌になる肌色タイツです。とてもだいじ。

私の経験上安物買いはほぼ確実に銭失いになりますので、最初の一着はある程度予算をかけて良い物を買っておいた方が良いです。私は持っていませんが、ハダタイ.JPさん豪華王さんのものが周囲では人気のようです。

・私は撮影用には「Kタイツ」「ぎょっちタイツ」、遊び用は適当なロープライスのものを使っています。ちなみに上の写真は遊び用のもの。KEDAMA…

・テカテカしてたりキュコキュコしてたりする特殊なタイツは後からでいいんじゃないかなと思います。

・「私の機嫌を損ねたら、肌タイ作ってくれる人を紹介してやらないぞ!」という暗黒時代は終わりました。巨悪滅ぶべし。

キャラクターの衣装:1~10万円程度

キャラクターに着せる衣装を準備しましょう。

そのキャラをイメージした私服、自分が好きな作品のコスプレ衣装など、撮影会で着る衣装くらいの感覚で準備するとよいとおもいます。あわせて靴やニーソックスの足元まわり、髪飾りや小道具、そして案外忘れがちなキャラクターの下着などものんびり調達しておきましょう。

・ヤフオクなどの海外発送モノは届くまで2週間とか1か月とかかかるものもあります。「マスク届く日に衣装が間に合わない…」という事もあるので余裕をみて。

・「撮影には使わない遊び用の衣装」とか「人に着てもらうため衣装」として、同じものでワンサイズ大きな衣装があると良いかもしれません。

・「スクール水着」「体操服」「浴衣」「サンタ衣装」などのお約束コスチュームもあればあったでいろいろ使い道があります、お近くのドンキあたりで拾って来ましょう。

肌タイの下に着るインナーや補正具

インナー、シリコンバスト、体型補正具など。

足のラインをスッキリさせたり透けないようにする下半身のインナーは、足指付きの肌タイを予定している人はコスパの肌色トレンカ、そうでない人はコスパのフーターや厚手のストッキングあたりがよいのではないかと思います。シリコンバストは、片方のサイズが「200gで貧乳」「400gでふつう」「600g以上で巨乳」くらいで考えておけばよいです。そこまで必要ない人は、安いシリコンブラ(ヌーブラ)を何枚か重ねてサイズ調整するのもお手ごろ。

体型補正はウエストニッパーやガードルを使っている人もおられますが、細い人がつけると逆に太くなる事もあるので、最初はそんな無理して揃えなくてもいいと思ってます。

注文のながれ

1.オーダーフォームから注文
セミオーダーフォームから注文します。

この時点では仮注文となり、正式注文ではありません。
2.書類内容を確認
SIGMAから書類が来るので、内容に間違いがないか確認してください。

書類返送後は内容を変更する事ができませんので慎重に。
3.頭金の入金と書類の返送
頭金を指定の口座に振り込み、書類に署名捺印を行い返送を行います。この入金と書類返送をもって正式注文完了となります。
4.必要なものの準備
肌色タイツやキャラクターの衣装、小道具やインナーなどを準備しておきます。
5.制作開始の連絡
完成予定月の前半~中旬になると、制作開始の連絡がメールで来ます。
6.完成報告と残金の振込
完成と残金振込依頼がメールで来るので、残金を指定の口座に振り込み、振込完了の連絡を行います。
7.到着
クロネコヤマトの着払いで発送されるので受け取ります。

届いたらすぐに検品を行い、輸送中の破損がないか確認しておきましょう。
8.おたのしみ
さくやはおたのしみでしたね

セミオーダーフォームでの選び方

よくわからない…という方のために。個人的な意見が強く入ってますので参考程度になれば。

①ご注文の種類
オーダーの種類を選びます。

「期間限定」「キャラクター選択」「ギャラリー仕様」の3つがありますが、基本的には「キャラクター選択」を選び、髪型などをカスタマイズしていく形になります。
②希望する製品
欲しいキャラを選びます。
③髪型
好みの髪型を選びます。

悩みに悩んだら、各キャラクターの標準髪型がよいのではないでしょうか。
④⑤⑥髪の長さ
好みの髪の長さを選びます。

ここの指定が少しわかり難いのですが、まず最初に「後ろ髪」or「横髪」の長い方の長さを選びます。黒子杏子のように、ツインテールやポニーテールが長ければ「ロング」「スーパーロング」判定となります。その上で、「後ろ髪」と「横髪」の長さを選びます。

個人的には悩んだらスーパーロングで作ってもらって、後から自分で切ればいいんじゃなかろうかとは思ってます。
⑦髪の色
好きな髪の色を選びます。
⑧瞳の色
好きな目の色を選びます。
⑨視界の種類
視界の種類を選びます。

悩むなら紗幕仕様にした方が良いです。グラスの方が色々とドキドキ感があると思っていますが、グラスはいかんせん曇ります。室内遊びの最中に相手の顔が見えなくなるのは興醒めですし、屋外イベントで周りが見えなくなると周囲の人を危険に巻き込む恐れがあります。
⑩オプション⑪その他の取り扱い商品
アクセサリーと別売り品を同時購入できます。

後から個別に購入できるので、無理して一緒に買う必要は無いと思います。しいて言えば「交換用スポンジ」と「シグマフレッシュ」があれば運用やメンテナンスの時に便利でしょう。

まとめ

SIGMAのセミオーダータイプですが、被り心地や耐久度はフルオーダーのものと同じです。自分の好みのキャラメイクができるうえで価格もわかりやすく納期も2か月と安定して短いので、入門者向けの「はじめての着ぐるみ」としては非常に優れた選択肢だと思っています。

また、リセール市場に出たら即完売という根強い人気があるので「楽しかったけど、家庭の事情でもう卒業」「次のステップに行くために手放したい」「この趣味は自分には合わなかった」という時にも、(金銭の授受が発生する)お譲り/(この人に使ってもらいたいという)お託しといった選択肢が残ります。

あまり深く考えず、まずは体験してみてはいかがでしょうか。

・お譲りの話は避けられないと思うので触れました。個人的には「手放すくらいであれば、興味ある人を沼に落とす初体験用」でたぶん残すと思います。

・ただし「定価より高い」お譲りは転売と認識されるだろうし、お約束事にも「転売した人にはメンテナンスも含めてもう今後一切取引しないかもだよ」って書いてあったような気がします。

フルオーダー(資料を提出しての造型をお願いする場合)

事前に準備するもの

キャラクターマスクの代金:20~40万円程度

ぶっちゃけわかんないんだわコレ。

同じキャラクターでも、オーダー時の仕様や部材調達のタイミングで金額や納期が大きく変わることもあり、見積依頼して積算してもらうしかありません。そのため、私も自分のフルオーダーマスクが「いくらだった」と聞かれても微妙にボカして回答するようにしていますが、私の肌感覚としては最低でも20万円はポンと即金出す覚悟がないと発注は難しいと思っています。

こちらもセミオーダーと同じで、注文時に着手金ある程度→完成時に残金払い。

・「原型改造制作」での話をしています。「原型新造制作」の場合はさらに金額が上がります。

・納期まで1年以上あると慢心しギリギリに慌てた人を何人も見てきたので、お金は早め早めに準備しておきましょう。

・自分から頼んでおいて完成時に「お金の準備してません」ってのはホント人としてどうかと思う。

・「お店オリジナルのキャラを作りたい」「イベントで使う着ぐるみ一式を検討している」といった商用の場合は、価格/納期ともに別レギュレーションが適用される可能性が極めて高いです。これに関してはこの記事なんか読まずにただちにSIGMAにメールで「ビジネス」としてご連絡してください。

キャラクターの衣装:5~100万円程度

キャラ用の衣装が必要です。推しキャラの為だから気合を入れていきましょう。

最近の人気作品であれば、コスパティオや他の衣装屋さんなどで比較的入手が容易ですが、古かったり通好みの作品だと手に入らず、フルオーダーする必要があったりします。衣装は気が付けばどんどん手に入らなくなるので入手できるうちに即座に買っておくを鉄則としましょう。

また、「複数人で同じ作品のキャラクターを発注してあわせをする」場合は、同じクオリティ・同じ素材・同じ作りで揃えられるのでコスパティオの衣装で揃える事が多いです。ただし、コスパティオの衣装もロットによっては色合いが変わったりする(例:白陵柊制服など)ので、可能であれば同じタイミングで買いそろえた方がよいでしょう。私もトレセン欲しい。

・サイズに悩むこともあると思います。私の周囲は私を含めU165くらいの人が多いのですが、丈の感覚的には「COSPATIOだと女性XL(COSPA時代のサイズだと女性L)、大陸系衣装だと女性XL~くらい」を基準に買ってる人が多い印象です。幅の感覚は人それぞれ。

・昔のCOSPA時代の女性L = 今のCOSPATIO時代の女性XLくらいになっているので、昔から衣装を買っている人は少し気を付けてください。

衣装の話の続き。「鎧」や「プラグスーツ」などの特殊な衣装、また艦娘の艤装(装備)などの造形衣装は費用も製作期間も跳ね上がります。EVAのプラグスーツがフルオーダーで100万円かかったという話も身近で聞いてますし、そういったキャラはある程度覚悟しておいた方が良いです。

ちなみにSIGMAに衣装や小道具を含めたフルセットでオーダーする事も可能なので、そういった特殊造型の時に最終手段として相談してみるのも手です。ちなみにKEYさんのおきつねさまがマスクも衣装も靴まで含めてフルSIGMA。

・一時期コスパティオがセイバーのドレス+鎧を受注販売していましたが、余裕で50万円超えてました。とはいえ個人的には安いと思う。

私のセイバーも、2005年当時に衣装屋さん(KISS)にドレスフルオーダー&造型得意な衣装屋さんに鎧一式をお願いして合計30万円くらい。そこにエクスカリバーとかも追加で必要だからなかなかいい金額にはなっています。

・SIGMAに衣装含めてまとめてお願いするより、衣装は衣装屋さんに分けた方が金額的にも納期的にも……という印象はあります。

肌タイの下に着るインナーや補正具

基本的には「セミオーダー」の所で書いた内容と同じ。インナーやシリコンバスト、体型補正具などを準備しましょう。

他にあった方がいいものとしては

  • 手袋・・・造型衣装でよく使われているマジックテープは、肌タイで触ると不可逆的なクリティカルなダメージを与えます。KEDAMA… 遊び用ならともかく、本番用の肌タイは大事に使ってあげましょう。
  • 頭に詰めるスポンジ/ウレタン・・・…マスクの中にスポンジやウレタンを詰めることで、マスクをよりキッチリと固定できるようになります。またマスクの浅い被り具合で「首が見えなくなってしまう」と見た目が悪くなるので頭頂部に入れて調整にも使えます。
  • くもりどめ・・・後述しますが、視界がスモークグラスだった場合、どこをどうやっても長時間着てれば曇ります。市販のヘルメット用曇り止めや、緊急措置としては風呂場にあるリンスなどを準備しておきましょう。
  • フラグレンス・・・肌タイやインナーにふわっと。マスクや衣装に移っても嫌なので軽めのものがいいとは思います。たまにキャラクターをイメージしたフラグレンスが市販されているので、そういったものを入手するとあまり余計なことを考えなくてよいですね。

・平沢の憂ちゃんとオグリんの曇りっぷりは超ヤバい。豊郷めちゃめちゃキツかった。競馬場に連れていくとか絶対無理。

・体型補正に関してはマキリんが色々と啓発しているので気になる人は投げ銭してみてください。

フルオーダー発注とポイント

フルオーダー発注の場合は、セミオーダーの商品注文とは流れがまったく異なります。事前に資料を準備する必要があったり、キャラクターの表情も細かくカスタマイズが行えたりしますので、準備する資料のコツやカスタマイズのポイントなどを記述します。

大前提として「販売されている商品を買う」ではなく「資料を準備するので、この造型物をあなたに作ってほしい」という立ち位置である事を忘れないようにしたいところですね。

フルオーダー発注のながれ

1.見積依頼
フルオーダー見積りフォーム・もしくは直接メールで見積依頼を行います。
2.見積内容の確認
見積結果がメールで来ます。

金額と現時点での納期が書かれていますので、内容を吟味して正式に発注するか見送るかを決めて早めにSIGMAに連絡します。

※この段階で納期(=制作スケジュール)は仮押さえのはずです。他の方の注文が先に確定した場合1か月単位で変動するので早めに決断した方が良いでしょう。
3.契約書とオーダーシートの記入
正式発注になると、SIGMAから「契約書」と「オーダーシート」が郵送されて来ます。

基本的にはオーダーシート記載の内容で制作が行われるので、ここが仕様の最終確定ラインだと思って慎重に記入を行ってください。
4.頭金の入金と書類の返送
頭金を指定の口座に振り込み、書類に署名捺印を行い返送を行います。

この入金と書類返送をもって正式注文完了となります。
5.必要なものの準備
肌色タイツやキャラクターの衣装、小道具やインナーなどを準備しておきます。

油断していると1年なんてあったという間です。仲の良い方やお世話になっている方とお披露目オフの予定をたてるのもよいでしょう。

「やはり視界はグラスじゃなくて紗幕の方が良さそう…」「今更だけど表情を微笑に出来ないかな…」といった程度の仕様変更や、「発送先を自宅じゃなくてお披露目オフの会場に直接送ってほしい」などがあれば、少しでも早めにSIGMAに相談する事をお勧めします。個人的なリミットは3か月前。
6.制作開始の連絡
完成予定月の前半~中旬になると、制作開始の連絡がメールで来ます。
7.造型の進捗報告
原型完成時・塗装完了時に写真付きで作業進捗報告が来ます。

このタイミングでは仕様に基づいた制作がスタートした後なので、「やっぱり表情を変えたい」「追加資料送るからこの髪型に変更して」といった発注者都合でリテイクを行うタイミングではありません。

ただし、オーダーシートの内容と進捗の状況が著しく異なっていた場合は、早い段階でお問合せを行いましょう。
8.完成報告と残金の振込
完成と残金振込依頼がメールで来るので、残金を指定の口座に振り込み、振込完了の連絡を行います。
9.到着
クロネコヤマトの着払いで発送されるので受け取ります。

届いたらすぐに検品を行い、輸送中の破損がないか確認しておきましょう。
10.おたのしみ
さくやはおたのしみでしたね

見積依頼ワンポイント

SIGMAのフルオーダー見積依頼フォームで記載のコツなど。個人的な意見が強く入ってますので参考程度になれば。

「ご依頼概要」

SIGMAに届くメールのタイトルになります。placeholderの「キャラクターマスク制作の見積依頼」そのままや、「時雨(艦これ)キャラクターマスクの制作お見積り依頼」などでよいと思います。「質問です」「お尋ね」とかはわかりにくいのでダメ。

「キャラクター名」

お願いしたいキャラクター名を記載すればよいとおもいます。

なお「時雨」じゃなくて「時雨(艦隊これくしょん)」といったように、作品名も記載しておくとスムーズかもしれません。

「ご依頼の詳細」

SIGMAに届くメール本文になります。依頼内容の詳細の前には、最低限の挨拶とか入れておいた方が印象がいいのではないでしょうか。

依頼内容の詳細に関しては、どの作品のどんなキャラクターを、こんな仕様ができないか、こんなオプションを一緒に頼めないかなど。一例として私がオーダーをするならこんな感じ……というメールを記載します。

造型工房SIGMA
KAZUMA様

いつも大変お世話になっております。以前「セイバー(青い貧乳)」「セイバー(赤い巨乳)」などの着ぐるみマスク制作をお願いしました、長崎の河合(HN:割烹着の悪魔)と申します。

この度は、「艦隊これくしょん -艦これ-」に登場する「駆逐艦 時雨」というキャラクターの着ぐるみマスク制作をお願いしたく、お見積りを依頼いたします。

<キャラクター>
・時雨改三
<作品>
・テレビアニメ 「艦これ」いつかあの海で
<原型>
・原型改造を希望します。
<表情>
・口閉じの微笑。添付したキャラクターメイン資料をご確認ください。
<視界>
・視界優先(紗幕)を希望します。屋外活動での視界確保のため、アイラインの部分に追加の視界を設定できませんでしょうか?
<髪色>
・No.10(茶髪?)を希望しますが、よりイメージに近くなるのであれば混色をお願いしたく思います。髪色イメージに関しては添付した資料をご確認ください。

<造型パーツ>
・頭につけている髪飾りとリボンの制作もお願いします。
・背中と腕、両足につけてる艤装(砲塔)の造型もお願いしたいです。

<制作に関しての要望>
・髪の毛は、三つ編みをほどけるようにしたいです。(髪型としてはストレートのロング…になりますでしょうか?)
・頬のチークは、資料よりも少し濃いめにお願いしたいです。
・目のパーツを可動式にすることはできますでしょうか。可能でしたら、追加費用をお知らせいただければ幸いです。

以上となっております。
大変お忙しい中恐縮ですが、お見積りをお願いいたします。

追伸)
艤装制作を含めた合計費用が50万円以下であれば、直ちに正式注文いたしたく思います。

〒***-****
長崎県長崎市物語町33-4
河合 あゆみ(かわい あゆみ)
TEL:000-000-0000
MAIL:XXXXX@DASHICHAE.COMNET

…など。造型を担当する方と直接話をするのだから、極力丁寧にリスペクトをもった内容の方が心象も良いし、より良い結果に繋がると思います。

ちなみに重要な事として相手はそのキャラクターも作品の事もまったく知らないという前提で説明する事が大事。あなたにとって世界で最高の推しキャラでも相手にとっては未知のキャラかもしれないのです。もういっそ布教するくらいの覚悟でいいと思います。

また、別途費用が発生するカスタマイズとしては「目や口のパーツを固定せずに送ってほしい」「まぶたの上にのぞき穴を追加で開けて欲しい」「目のパーツを可動式にしてほしい」などがあったと聞きます。

実際に、私の明石さんの目は可動式になっています。(CG加工ではありません)

また、杏子の口のパーツも「閉じ口」「ポッキー口」の2種類のパーツがあります。

・いずれにせよメールで最低限の文書を書ける程度の国語力は必要。挨拶すら書けずに「うっす 魔法少女ほげほげのふかふがちゃんほしいからつくって」みたいな文面は人としてダメだと思います。

「キャラクターメイン資料」

以前SIGMAに「どんな資料が一番大事なのか」というのを直接聞いたことがあります。結論から言えば「俺はこんな表情のこのキャラが欲しいんだ!」というのが伝わってくる1枚をビシッと決め打ちで送ってほしいとの事でした。

例えゲームのビジュアルシーンでもメガミマガジンのピンナップでもLDのパッケージでも、「俺はこれが欲しい!!!!!!!!!」というイメージが伝わるものがいちばんいい結果に繋がるそうです。

・私は初めて発注する時は加減がよくわからず、「ゲーム中の登場CG「全て」」+「テレビアニメの登場シーン」+「目に入る限りのファンアート」を合計数百枚準備し、メールで送付できないから「資料専用サイト」まで立ち上げてここを見てくれと送り付けてめちゃめちゃ迷惑をかけました。

・極論「4枚で良い」とのこと。(イメージが伝わる資料・正面顔・横顔・後ろ姿)

・正直「なかなか個性的な仕上がりだ!」と思うキャラは「そりゃこの資料出したらこの顔になるわ」ってパターンがほとんど。ここの「メイン資料」は本当に大事です。

「造型用追加資料」

前述もしましたが、「設定資料集」にのっているような「正面姿」「横顔」「後姿」の3つが追加であるとなお良いですとのこと。

衣装やアクセサリーなどがある場合は、そちらの資料も忘れないように。

ちなみに「頭頂部」が特殊なキャラも追加資料を忘れないように。

「原型」

頭の作り方、新造・改造から選べます。

全くの0から粘土をこねてフルスクラッチで作ってもらうのが「原型の完全新造」、SIGMAの既に存在する原型の中からキャラクターにあったものをSIGMAが選び寄せていくのが「既存原型の改造」になります。

ぶっちゃけ既存原型の改造で良い。のですが、完全新造だとより資料のイメージに近いものが出来る事と「あなたの為だけに生まれてきたもの」という圧倒的なプレミアム感を得られます。この部分に10万円近い差額を投入できるかは個人の判断によりますが、最初に琥珀さんを発注した時は原型新造以外の選択肢はあり得ませんでした。

・超レアパターンとして「全力投球したいので新造でやらせて欲しい」と提案が来る事もあります。(例:祥子お姉さま、佐倉杏子など)

着ぐるみページでは、各キャラクターの原型新造or改造の情報を掲載しています。
検索結果 : 完全新造 | 5893.jp
検索結果 : 既存品改造 | 5893.jp

「表情」

笑顔・微笑・無表情・精悍(怒り)・その他から選択。

「笑顔」と「微笑」の違いは、「口を開けて笑っている表情」「口を閉じて微笑んでいる表情」と考えておけばよいですが、「渡した資料に沿った表情になるよね」という気がしないでもないところです。

・「笑顔だけど口角は非対称、歯を付けて大きく笑ってる感じ」「とても大きく口を開けた笑顔、八重歯も欲しい」「微笑だけどドヤ顔要素もいれてぼしい」など、発注者のセンスがとわれるところでもあります。

・「2004年ころの微笑の閉じ口が好きなので、その表情でお願いします」というオーダーがあった事も聞きました。

着ぐるみページでは、各キャラクターの表情情報を掲載しています。
検索結果 : 笑顔 | 5893.jp
検索結果 : 微笑 | 5893.jp
検索結果 : 無表情 | 5893.jp

「視界」

視界優先・外見優先から選択。

結論から言えば視界優先を強くお勧めします。外で楽しくロケをしていても、部屋の中でおたのしんでいたとしても、視界が曇って何も見えなくなるとどうしようもない。色々と悩むくらいであれば視界優先にした方が絶対に良いと思います。

ちなみに、最近は「紗幕」+「グラス」というハイブリッド視界を持つキャラも出てきているようです。物凄く見やすい。

※赤が紗幕、緑がグラス部分

「髪色」

正式注文時に、SIGMAから送ってくる封筒の中に髪色サンプルが入ってますので、それを参考に選びましょう。

裏技としては、SIGMAのセミオーダーフォームページにある程度の髪色が確認できる場所があります。

サンプルの中に「これだ」という髪色がない場合は、混色をお願いする事も出来ます。もちろん費用は追加になりますが、より資料に近い色を調色してくれます。最近だと「ただの黒に見えて、実は複数数混色とかってパターンも最近多いですね。

ヘスティア様とかも混色。

・これは機密情報漏洩なのですが、G-825は「マルチグリーン」というあだ名がついてた事があるそうです。はわわ綺麗な緑色なんです。

まとめ

フルオーダー。本の中やディスプレイの中やでしか会えないあのキャラクターを「迎え入れる」事が出来るのは、唯一無二の体験といえるでしょう。

反面、平均して1年以上の納期が発生し、決して安くない金額が必要となり、そしてなによりどうやって発注するかの方法もよくわからない……というのは敷居の高さと感じる方も多いと思います。

納期の長さ、必要な金額、敷居の高さも含めてある意味覚悟を試されてると思う事すらありますが、それでも一歩を踏み出したいと思っている方の背中を押す事になるのであれば嬉しく思います。まあ案外あっというまに納期が来ますよ。

最後に、とても大切な事。

わからん事は素直に聞く、お願いしたい事は素直に尋ねる。

相手は20年以上ビジネスとしてやってるプロです。わからない事があれば素直に質問すれば答えてくれるし、ちょっと特殊なカスタマイズもダメ元で相談したら受けてくれるかもしれません。ネットやSNSでは「SIGMAの納期は最低でも3年だ!」「100万円くらいかかる!」などの真偽不明な言説もありますが、嘘に惑わされるくらいならまずは直球で相談してみましょう。

ただし、ビジネスである以上は費用が発生すること、特殊なカスタマイズなどで作業工数が増えたらその分費用と納期が変わる可能性も認識しておきましょう。

RESPECT ~大切に思うこと

自分が好きで好きでたまらない大切な推しキャラを立体にしてくれるクリエイターに対して依頼するとき、技術と経験をリスペクトした上で必要な情報(資料)と確実なコミュニケーション、そして十分なだけの対価を滞りなく準備するのがユーザーとしての誠意だと思っています。

そもそも大前提として、私達ユーザーは「販売されている商品を買う」ではなく「資料を準備するので、この造型物をあなたに作ってほしい」という立ち位置である事を忘れないようにしたいところです。SIGMAさんに限りませんが造形師は資料を渡せば立体物を出力してくれる人肉3Dプリンターではありません。

いつまでも、あると思うなその工房

そしてなにより決断はおはやめに。